第一燐寸工業(株)は、
大正7年創業の
マッチ製造販売会社です。
「よりよい火」にこだわり皆様の
お役に立ちたく考えております。

現在では、各種広告販促商品
の販売も手がけております。
お気軽にお問合せください。
会社案内工場見学レトロマッチミュージアム名入れミュージアム主要商品燐寸徒然
当サイトでは、Adobe PDF形式のファイル・Flash Playerが必要なデータが一部ございます。Adobeサイトよりダウンロードしてください。
第一燐寸工業株式会社TOP > 名入れミュージアム
名入れ商品ミュージアム =商品の提案と印刷イメージ(一部合成イメージを使用しております)=
シルクスクリーン印刷
一般的な名入れ方法として多く使用されています。製品の材質によりインクを区分します。製品により、印刷後焼き込むことでインクの耐久性を調整します。 凹凸のある部分への印刷は不向きですのでパット印刷と併用し使い分けをすることが多くあります。また特殊な形状の製品やデザインの場合、曲面シルク回転シルクで印刷を行いますが 見当合わせに限界がありますのでロスが多いなど、多色刷りには不向きです。
パット印刷
曲面や凹凸部分の印刷に適しプラスチック製品、金属製品の雑貨類に多く使用されます。 ボールペン類、球体への印刷の多くはパット印刷でおこなわれています。
箔押し(ホットスタンプ)
主に金箔、銀箔で加工されることが多く、インクでは表現できない高級感のある光沢に特徴があります。但し材質や形状により加工が出来ない製品も多々あります。
インクジェット
画像やキャラクター等もフルカラーでほぼ忠実に表現できます。一般のオフセット印刷同様、白色は出ませんので白に近い生地への印刷に限定されます。 インクはプロセスカラーのみですので、金銀など特色でしか表現できない色は掛け合わせの近似色になります。
巻ラベル(ラベル貼り)
技術的にレベルの高いオフセット印刷は、プロセスカラー・特色ともに多様な表現に対応できますが平面に対する印刷が基本になっており、 立体物には直接印刷ができません。オフセット印刷が必須の場合は、シール紙に印刷をしたラベルを立体物に貼り付ける方法で製品化をすることが多くあります。